アクアプレイス京都東寺 東寺の旧境内。王城鎮護の聖域に住まう。 平安京の造営当時、御所からまっすぐに伸びる朱雀大路には、
「羅城門」という都の正門が置かれていました。
その門の左右には、東に東寺、西に西寺の大伽藍が対を成して配置され、
王城鎮護、つまり国家安寧の礎とされました。
中でも東寺は、後に弘法大師空海に下賜され広く庶民の信仰を集めることで、
今日に至るまで隆盛を見せ続けます。
創建からおよそ1,200年。東寺は五重塔をはじめ数々の国宝、重要文化財を擁し、
1994年には世界遺産に登録されています。
創建当時の境内はいまより広く、「アクアプレイス京都東寺」が位置する場所には、
寺院運営を司る子院が置かれていたといわれます。
千年都市「京都」に住まう誇りの中でも、かつての王城鎮護の聖域に暮らす愉悦。
「アクアプレイス京都東寺」が受け継いだのは、
時を超え未来へ続く揺るぎない価値の系譜です。