TOP > 経営理念 > 代表挨拶

代表挨拶

代表写真
時代は21世紀に入り、企業経営における「スピード」と「効率化」は、ますます重要視される状況になってまいりました。
その反面では、経営効率を追求するあまり事業を行う上で本当に大切なもの「倫理観」や「正義観」といった人の心が欠落している世の中にも思えます。

「耐震強度の偽装問題」など、幾多の「偽」に関する報道は、結局のところお客様を完全に無視した、売主サイドの都合のみで発生した問題ではないでしょうか。

私達は、そのような経営のあり方に対して疑問を抱きます。
同時に、本来マンションの存在自体が持つ意味への問いかけに挑戦したいと思っています。

本来マンションの有り様を追求すれば、"人々の願いを叶える為に建物が創られる"訳です。

もともとマンションとは、一人ではとうてい叶えることの出来なかった"利便性のいい住まい"、"見晴らしのいい景色"などへの住環境に対する憧れを、みんなで資金を集めることにより実現させる、いわば究極の夢の表現だと私たちは考えています。

一つ一つのプロジェクトはお客様と私共の歴史(あしあと)・史跡となります。後世に残るものだからこそ、そこには小さな失敗さえ許されないのです。

妥協のない「ロケーション」、選びぬかれた「高級素材」、それらを扱う「一流の匠とデザイナー」、彼らに見事に演出される「建物」、そして、これまでに体験したことのないような「感動的なサービス」。

私たちは、これら全てを通じ、「伝説となる建築物」を創出してまいります。

代表取締役 水上昇